ラポール日々の考察室

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

携帯電話アレコレ2

前回と同じくハギッズより抜粋・・・というか全文拝借

★「一月号 携帯の持たせ方」の続きです
子どもに携帯を持たせたお母さんが思わぬ料金にびっくり!!

すず子 「親は子どもの安全のために持たせているつもりでも、子どもはちがうんやろか?」

あい子 「音楽聴いたり、インターネットを見たりとか、そっちの方に重点置いてる子どももおるみたいやな」 

まあ子 「親がどういう思いで持たせたのか。
     子どもはどういう理由で持ちたいのか、お互いの気持ちを分っとかなあかんなー」

わか子 「それがあやふややったから、今回お母さんがびっくりすることになってしまったんやな・・・・」

ふう子 「大きくなったらお金の事も理解できるやろうけど、小学生では無理かもな・・・・」

すず子 「時代がどんどん進んでいろんな便利な物が出てきたけど、
     それがかえって、忙しくなったり、振り回されたりしてるよな~」

あい子 「最近、手間ひま掛けるって言う事も忘れてへんやろか・・・・
     どんな事でもメールで済ませてしまう。
     これでええんやろか?」

まあ子 「持たせる時期はしっかり話し合って決めて、持ったら、
     こんどは便利に流されないで、会って、顔見て話をする事も大事にせなあかんよな。」

みんな 「そうやな。そうやな。」

さくら組からのお知らせ

西成のある学校でチェーンメール(不幸のメール)が問題になりました。
内容はこどもたちの気持ちを不安にする物です。
携帯を持っている子どもさんをお持ちの方は一度尋ねてみてください。
もし、そんな事があるようでしたら、不安に思っている子どもさんの気持ちを安心させてあげてください。

携帯に関するお悩みやご意見があったらおよせください。

続きは以下をクリック。



携帯で画像や音楽を取ってると、パケット代がものすごくかかります。
といっても、パケ放題とかそういった割引を使用すれば、
月額で最大○○円の請求ですむ、ということも可能ですが・・・。
さて、本当にうまくいくか?そううまくはいかないのが世の中の不思議なところでして。
携帯電話のネットワークで着メロ、着歌、などなどをダウンロードすると、
通信料以外に「コンテンツ料金」というものがかかります。
着メロはそんなに高い値段にはならないと思いますが、
着歌は1曲300円など、割高に感じるんですよね。
それを一月に何曲もダウンロードすると・・・。
ちなみに、最近は携帯のデータフォルダも大容量になってますが、
その実着歌などは使い捨てだと思っていただけるとよろしいかと。
携帯で音楽を聴く、というのもあほらしいのですが、小中学生では当たり前なんでしょうか・・・。
これがジェネレーションギャップ・・・10年違うと意識レベルで違うのだろうか。
それと、これはニュースで見たんですが、
学校から帰って、すぐに電話を友人や恋人にかけて、
通話状態のまま携帯を放置する、ということが流行っているそうです。
もう意味わかんないし。

>>親は子どもの安全のために持たせているつもりでも、子どもはちがうんやろか?
まず間違いなく違うと言い切ってもいいかと思います。
ためしに子どもの携帯の着信発信履歴を見てください。
親御さんよりも、はるかに友人の番号が並んでるかと思います。
そもそも、携帯電話で子どもの安全を守る、というのは不可能と思いますがね。

>>音楽聴いたり、インターネットを見たりとか、そっちの方に重点置いてる子どももおるみたいやな
というか、携帯持ってる子どものほとんどはこのパターンでしょう。
後は友達とメールしたり、電話したり。

>>親がどういう思いで持たせたのか。
>>子どもはどういう理由で持ちたいのか、お互いの気持ちを分っとかなあかんなー
>>それがあやふややったから、今回お母さんがびっくりすることになってしまったんやな・・・・
>>大きくなったらお金の事も理解できるやろうけど、小学生では無理かもな・・・・
親の方は千差万別の意見で持たせますが、持った後の子どもの使用法というのはほとんど決まっておりまして・・・。
もはや目的が意味を成してないんですよね。
そもそも、安全とかの名目で持たせた親御さん。
本当に必要なときに連絡できてます?
無駄にお金を使われるくらいなら、解約してあげましょう。

>>時代がどんどん進んでいろんな便利な物が出てきたけど、
>>それがかえって、忙しくなったり、振り回されたりしてるよな~
>>最近、手間ひま掛けるって言う事も忘れてへんやろか・・・・
>>どんな事でもメールで済ませてしまう。
>>これでええんやろか?
>>持たせる時期はしっかり話し合って決めて、持ったら、
>>こんどは便利に流されないで、会って、顔見て話をする事も大事にせなあかんよな。
技術も進歩して、私が小学生のころとは比べ物にならないくらい便利になりました。
もちろん、そのころにも携帯電話やパソコンはありましたが、当時の小学生・中学生は
持ってなかった・・・、持つ必要すらなかったと思います。
普段顔を合わせているのですから、当たり前のことを当たり前にすることが本当は一番大切なんですね。わかります。


さて、子どもの安全のために携帯電話を持たせるという意見もありますが、本当に意味あるんでしょうか?
今の世の中、どちらかというと携帯持ってるほうが危ないと思うんですよね。
例えば某ゲームポータルサイトとか。
出会い系サイトとか。
私が思うに持ってる子よりも持ってない子の方がはるかに安全かと思うんですよね。
仮に、道端で襲われたとして、携帯が何の役に立つでしょう?
携帯開いて、アドレス帳開いて、目的の番号探して、通話。
それも、100%繋がるとは限らない状況ですよね。
それに比べれば、最初から逃げの一手だけを選択できる、携帯持ってない子のほうが安全ともいえますが、あんまり変わらないでしょうね。
めったに無いパターンではありますが、本当に襲われた場合のことも想定すると、明らかに携帯は意味を成しません。
これなら、スタンガンでも持ってた方が安全ですよね。いろんな意味で。
ついでに言うと、携帯電話は緊急時に役に立たないばかりか、危険を作るツールでもありますよね。
先にあげた出会い系とか、小学生でもできますし。
こういう書き方すると、じゃあ自分が持ってるのは危険じゃないのか?とか反撃されますけど、
危険じゃないです。ちゃんとわかって使ってますから。
そういうサイトを使う意味も無ければ必要に駆られてないですし、
安易な気持ちで使う小学生と、大人には遥かな意識レベルでの差があります。
まあ、もちろん、携帯が危険を作るというのは、相手がいて成立するものですからね。
そういった大人が小学生を引っ掛けるというのはよくあるんですが、
それも、小学生が携帯を持たなければ無意味ですよね?
メリットよりも、遥かなデメリットを考慮すれば持たせないという考えに行き着くと思うんですが。
「ウチの子に限って、そんなことになるはず無い」とか
「そういうことをする大人が悪い」とか
「もっと子どもに配慮しろ」なんて考えがある限り、世の中が平和になることは一生来ないでしょうね。
自衛すらできない子どもに危険物を持たせてるくせに。

さて、もう持たせた方ももちろんいらっしゃるとは思うのですが、
一度持たせると子どもは中々解約したがらないでしょう。
対策になれば宜しいかと思うので、

1.携帯のインターネットにフィルタリングをかける
  一応、全キャリアで申し込みが可能です。
  フィルタリングとは、各キャリアが有害サイトを表示させないようにするバリアみたいなもので、
  これを適用していると、携帯で見れる一般サイトの大半をはじくことになります。
  一番効果的な対策方法ですが、あまり浸透していません。

2.子どもの携帯を管理する
  管理する、といっても最低限のプライバシーは守る必要がありますが、
  アドレス帳や、発着履歴を確認することは大切かと思われます。
  見知らぬ相手からメールや着信があったら?
  何かあってからでは遅いと思います。

長々と書きましたがこんなところでしょうか。

☆ 個人的まとめ

1.元々携帯に安全を守るという付加価値は付いていない
2.携帯電話を所持している以上、ありえない話でも最悪の場合がある
3.着歌などは1曲いくらの世界。パケ割りでも意味なし。
4.子どもの安全を管理するのは親の役目。携帯電話はただのおもちゃ。


とにかく、携帯の必要性。本当に必要なのかどうかは、子どもの話を鵜呑みにせず、
親の良識と判断で決めましょう。
子どもの機嫌を損ねることもあるとは思いますが、
後の危険を回避できるなら、多少のことでおびえることはないと思いますよ。

一応、私は子どもが携帯を持つことは反対ですが、
親の皆様がしっかりしてれば、問題が発生することは少ないと思います。
どんな便利なものでも、使い方を間違えば危険物に、
逆を言えば、使い方さえ間違えなければ害は無いんです。
親御さん、しっかり勉強しましょうね。
スポンサーサイト
考察室 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<雨と青 | HOME | 4月の雨、そして5月へ・・・>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。