ラポール日々の考察室

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

遊び相手に

同じ日に記事を三連爆。
ブログ一丁目に並ぶことでしょう(苦笑)

紙フト終了後、帰ろうかとも思いましたが、
通常の職員さんが2人+どっちも女性、ということもあり、
最後まで遊ぶことに。
まぁ、はるかに慣れてる人たちなので私が残るのもおこがましいと思いましたが、
その時丁度遊んでたのでついでに(笑)

しかし、遊ぼうとステレオで言われても…。
片方は小学1年生1人。片方は小学4年生2人。
どっちも別のことをして遊ぼうと。
私という個体は一人しかいないので、どうしようかと。
最後は4人仲良く遊びましたが、プラザで遊び相手を探すのはなかなか難しく、
いろんな学校から来てる上、年齢も下は1年生から上は高校生まで、
要は、児童と呼ばれる年代が一堂に集う空間。
部屋は3部屋なうえ、一つはクーラーのかかるいい部屋。
よく中高生がたむろしてます。
そんな部屋に、小学1年生が入りづらいのは自明の理。
私だって入りたくない!(爆死)
もちろん、例外も存在しますが、
大抵の低学年は友達と来ていない限りポツンな子が多いです。

ちなみに、小学1年生の子は紙フト後のバレーボールで知り合って、
音楽室のオルガンで仲良くなりました(笑)
やっぱり、賑やかな所にいると誰かと遊びたいですよね。
その後はいろいろ引っ張り回されて、
その合間合間に、小4の2人組が遊ぼうと。

こんなときどうするってのは結構難しくて、
こっちを立てたらあっちが立たず。
もうちょいレベルを上げる必要があるな~…。

ところで、最近プラザにかつての児童館の面々が見れるようになりました。
それが、プラザ破滅への序曲とは誰も考えなかったのである…。
…いやいや(笑)
スポンサーサイト

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<琵琶湖キャンプ一日目 | HOME | 先生と呼ばれる是非>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。