ラポール日々の考察室

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

先生と呼ばれる是非

最近プラザに入り浸ってるせいか、結構子どもに顔を知られてる今日この頃の朝影です。
それにつれて、前からポツポツと呼ばれてた「先生」も慣れてきたのでちょっと考えてみる。

私はあくまでボランティアとして行ってるので、職員ではない。
が、別段遊びに行ってる(結果として遊んでいるが)わけでもないため扱いが微妙。
ちなみに、この扱いが微妙というのは立場を指す。
(プラザにいじめられてるわけではないのであしからず(笑))
まぁ、高校生ボランティアと何が違うのかと問われたら…。たぶんそんなに変わらないか。
結論をさっさと書いてしまうと、
「プラザにいる大人は先生とすべし」かな。
もちろん、小学生でも高学年になれば職員と私の立場の違いも認識してますが。

ところで、
土日だけのバイトでもいいから雇ってくれないかな~(笑)
プラザに行く大義名分ができるのに。
無償で働くにはあそこは戦場ですよ(爆死)
< 宣伝コーナー >
そういえば、たこせんとミルせんの材料を持っていき忘れたので、
来週もプラザに行くことになりそうです(爆死)
来月20日にプラザで行われるかえっこ(朝影不参加)の準備もあるので、
7月中もたびたび顔を出すかもしれません。

8月はキャンプ。
16日・17日・18日と琵琶湖キャンプ@セツルの家にてありますので、
子ども(小学3年生以上)で行きたい人がいたら、
7月1日より松通り支援センター、もしくは子ども子育てプラザにて受付を始めます。
ふるってご参加のほどを~。
スポンサーサイト
考察室 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<遊び相手に | HOME | 紙フトやったヨ!!>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-07-01 Tue 03:43 | | #[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。